看護師って婚活でもモテるって知ってた?

看護師は給料が安いし、夜勤といったものもあるので、生活が大変そうだと思うかもしれません。
ですが、看護師には良いところだってちゃんとありますよ。
一例を挙げてみると、入院患者に感謝してもらえることがあります。
おまけに、ここ最近は、自立女性の象徴として、婚活の場でも、人気者だといわれています。
看護士と看護師、いったい何が違うのでしょう。
読み方はどちらも同じですが、この二つを漢字で書き表すと二通りで表すことができます。
以前は看護士と書いた場合は男性のことを指し、女性に対して使う時は看護婦、という様に区別がしっかりついていました。
法の改正があった2001年をきっかけとして、男性を指す時も、また女性を指す時も使用可能な看護師の表記に一元化しました。
少子高齢化の影響は様々な所に波及しており、医療関係者も、より必要性が高まると考えられています。
それ故、既に不足している看護師なのですが、しばらくの間はこの状態のままだろうと予想がつきます!!!年々多くの看護師が輩出されているのに、なぜ看護師がそんなに足りていないのでしょう。
それには労働環境や条件の改善が図られていないことで退職してしまう人が多いというのも原因として挙げられます。
病棟勤務の看護師は病院によりますが、2交代制か3交代制で夜勤をこなしていくことになります!!!夜勤ならではの特徴としては、日勤と比べて現場から医師や看護師も減ってしまいますし、また、夜中になって眠れない、熱っぽい、腹痛がする等、担当患者から訴えられたり、通常の作業ではない、不測の事態への対応が増加することになります。
かといってルーチンワークもこなす必要があるので、作業量としてみてみると、おそらく日勤を超えるでしょう・・・・。
一般的に、看護師は入院患者や緊急搬送される患者に対応するため、夜勤を避けられない職業の一つです。
夜勤の時間帯については、その病院が2交代勤務なのか3交代勤務で働いているのかで全く違うのです。
普通、2交代勤務では夜勤の労働時間も長時間です。
3交代勤務での夜勤となると、時間的に過密なスケジュールが組まれてしまうケースも珍しくありません。
就職先として考えている病院が2交代勤務なのか、3交替勤務なのか、調べておいた方が、実際の勤務に向けた心構えが出来ると思いますよねー★